About rfkaori

この作成者は詳細を入力していません
So far rfkaori has created 4 blog entries.

2018年度 人間ゼミ

2019-04-18T15:01:44+09:002019年 4月 18日 |

2018年度人間ゼミ 後期 日時担当司会タイトル内容参考文献(著者/タイトル/出版社/発行年)1月28日福島山脇正しい目標設定とは自分の目標設定に疑問を持ったこと羽生善治 大局観 自分と戦って負けない心 2011年12月7日中出福島兄の役割兄として妹へのアドバイスの仕方を考える鍵山秀三郎 人生を開く100の金言 致知出版 2017年11月30日志賀中出本田宗一郎 会社のために働くなを読んで本の紹介本田宗一郎 会社のために働くな11月30日横内志賀けっこんについて結婚について考えるなし11月9日猪俣横内就活という分岐点自分が就職活動を通して得たこと松下幸之助 一日一話 PHP文庫 2007年10月26日鈴木猪俣短眠について短眠による1日の生活効率化鍵山秀三郎 人生を開く100の金言 致知出版 2017年10月19日中出鈴木理想と現実今と昔のダイビングのやりがいの変化を考える松下幸之助 リーダーになる人に知ってほしいこと PHP文庫 2009年10月12日志賀中出留年留年した過去から学んだこと松下幸之助 道をひらく PHP研究所 1968年10月5日横内志賀生き方理想の生き方と実際の自分なし9月27日加藤猪俣やりたいことを続ける自分のやりたいことを続ける大切さ鍵山秀三郎人生を開く100の金言 致知出版 2017年9月21日猪俣横内夏休みから学ぶこれまでの夏休みと今までの夏休み松下幸之助 道をひらく PHP研究所 1968年 前期 日時 担当 司会 タイトル 内容 参考文献(著者/タイトル/出版社/発行年) 7月20日 福島 鈴木 因果性 事象の原因を意識することで因果性がわかる スティーブ・マンフォード 哲学がわかる因果性 岩波書店 2017年 7月13日 根岸 福島 私のあるべき姿 日々の行動から真の人間道を求める 松下幸之助 人間を考える PHP研究所 1995年 7月6日 鈴木 中出 21歳で読書を始めて 21歳から読書を始めた事により,得られる変化を考える 鍵山秀三郎 正しく生きる アスコム 2010年 6月29日 中出 志賀 自分を見つける 筋トレを通しての自分を見つめ返す 松下幸之助 松下幸之助成功の金言365 PHP文庫 2010年 6月22日 志賀 猪俣 素直な心 ソーシャルゲームを通して素直な心を見つける 松下幸之助 素直な心になるには PHP文庫 2004年 6月15日 横内 小川 本当の好きとは 本当の好きを見つける 稲盛和夫 生き方 サンマーク出版 2004年 6月8日 加藤 横内 大きな経験 リーダーシップから得たこと 松下幸之助 リーダーになる人に知ってほしいこと PHP文庫 2009年 6月1日 [...]

学生

2019-07-19T16:05:11+09:002019年 2月 19日 |

学生紹介 Graduate students students name 1 プロフィール students name 2 プロフィール students name 3 プロフィール お問い合わせ

メンバー

2019-04-01T18:28:06+09:002019年 2月 19日 |

工学院大学 工学部 機械システム工学科 准教授 小川 雅(Ogawa Masaru) プロフィール 2011年東京工業大学大学院博士課程修了後,ニューヨーク州立大学ストーニーブルック校にて溶射の研究に従事.その後,横浜国立大学において発明した「X線3次元残留応力推定法」は奨励賞や論文賞などを受賞.2017年工学院大学着任後には,日本機械学会賞(論文)を受賞した.現在も英オックスフォード大学との共同研究をはじめ,日本国内においても逆問題に基づく共同研究を行っている. プロフィール詳細 学生紹介 Graduate students students name 1 プロフィール students name 2 プロフィール students name 3 プロフィール 小川雅研究室 お問い合わせ

人間ゼミ

2020-01-10T12:41:33+09:002019年 2月 19日 |

2019年度人間ゼミ 人間ゼミとは 令和時代の日本のものづくりでは,前例に捉われない,個性豊かな製品を創造する力が求められていますが,西田哲学に基づいて考えられる「工学における創造性」は,一人だけでは発揮することができません.自己の個性は,他者を豊かにすることと同時に発揮される構造になっています. 人間ゼミでは,理屈だけでは計り知れない感動,難題,かけがえのなさなど,前例のない一回きりの場面において,何を考えどう行動したのかを題材に自己をさらけ出すことによって,自己の深いところに光を灯すことが,そのまま他者への光ともなるように,一人一人の個性を際立たせることを目指しています. 後期 日時 担当 司会 タイトル 内容 参考文献(著者/タイトル/出版社/発行年) 12月20日 小島 内田 失敗からの成長 小学校から中学校までの成長 西堀岳夫「とにかくやってみなはれ」PHP研究所 2009年 12月20日 清水 福島 ものづくりにおける意思疎通の重要性 学生フォーミュラで起きたコミュニケーションの問題 12月16日 内田 阿部 小学校の頃の話 小学校の頃の話 12月6日 阿保 小島 結果を生む原動力 趣味と受験勉強の継続の源 鍵山秀三郎「すぐに結果を求めない生き方」PHP研究所 12月6日 井上 清水 人の立場になって考える 生徒会でのリサイクル活動 D・カーネギー「人を動かす」創元社 1999 11月29日 内田 井上 「心。」を読んで 読んだ感想について 稲盛和夫「心。」サンマーク出版 10月25日 福島 [...]